株式会社高南メディカルホームページ
| リンク | お問合せ | サイトマップ
トップページ特定保健指導給食事業研究/開発企業情報
 トップページ > 特定保健指導とは?
特定保健指導とは?
3種類の保健サービス
特保指導受託サービス
特保指導への取組み
  特定保健指導とは?
40歳から74歳の医療保険の加入者(被保険者・被扶養者)を対象に平成20年4月から、特定健診・特定保健指導がはじまります。これまでの個別疾患の早期発見・早期治療から、メタボリックシンドロームに着目し、生活習慣を見直していくための健診となります。
2008年4月スタートの特定健診・特定保健指導でどうなる?
2008 年4 月から、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)等の該当者・予備群に対する保健指導を徹底するため、健診・保健指導の仕組みが変わります。
医療保険者〔 国民健康保険・被用者保険)において、40 歳以上75 歳未満の被保険者・被扶養者を対象とする、内臓脂肪型肥満に着目した特定健診及び特定保健指導の事業実施が義務づけられます。
わが国の医療費は、約3 %の伸び率で上昇をし続けており、医療費増大の要因として、次のことが考えられています。
50歳代から生活習慣病で外来の受療率が急増し、薬剤の投与が増加していること。
75歳から79歳あたりで入院の受療率が上昇していること。
これを受け、厚生労働省では、中長期的な医療費の伸びの適正化を図り、平成27年度における、糖尿病等、生活習慣病有病者予備群を平成20年と比較して25%減少させることを目標値として、特定健診・特定保健指導」をスタートさせます。
「特定健診・特定保健指導J は、これまで健診(住民健診)の主体を担っていた市町村(自治体)から、健康管理を企業・団体等の保険者に義務付け、生活習慣病を減少させていくことを目的としていますから、今後は、企業運営を行う上で、社員の健康管理、病気を予防していくことが重要な課題となってきます。